MCLCの強み

中期経営計画 MCLC APTSIS 20

最近の石油化学や石油精製、鉄鋼等の荷主や顧客の業界は、急激なスピードで変化しております。一方、物流業界に目を向けますと、インターネット通販の拡大に伴い、大都市圏を中心に超大型物流施設を備え、少量多品種・多業種にわたる商品を一般消費者に届ける物流業務が活況となっています。反面、長距離ドライバーや船員が不足する中、危険物や重量物、長尺物等輸送し難いものの安定した物流が懸念されると共に、危険物輸送に関してはより高いレベルのリスク管理が求められています。

この様な環境の中、三菱ケミカル物流は、前中期経営計画の重点施策である "Gemba-ryoku(現場力)" "Group" "Global" をベースに、「化学品を安全・安定・確実にお客様にお届けする仕事を通して、荷主、お客様、地域、社会に貢献すること」=「KAITEKI」物流を創造し、化学業界全体に貢献し、あらゆるステークホルダーのみなさまから信頼される化学品物流会社日本一を目指す2016年度から2020年度までの中期経営計画 "MCLC APTSIS 20" を策定いたしました。

MCLC APTSIS 20

ページの先頭へ