海運

杉田 龍文Sugita Tatsufumi

(内 航)
2015年入社

ひとつのミスが大きなロスとなる船の運航

「わからないことは、躊躇せずにすぐに聞くこと」
先輩からのアドバイスで気づいた確認作業の重要性。

現在のお仕事について

水島支社営業部海運課には、船舶代理店業務、請負・桟橋荷役、燃料仲立の3つの業務があります。船舶代理店業務は船会社様からの代理店依頼を受注し、積み降ろしの荷役協定書を作成すること。請負業務では荷役数量の実績入力や納入先にお渡しする送り状作成、船舶への託送、船舶の大きさ、品物に合わせたバース計画作成などを行っています。

桟橋荷役は運送品の積み降ろし荷役と桟橋設備の点検や修繕活動。燃料仲立ちでは、船舶燃料や潤滑油のオーダーを受け、全国各地の港で船舶への給油を手配しています。私は主に内航船関係を担当しています。各種手続きのほか、船へ直接うかがい、船の状況・安全活動・船からの要望などをお聞きする訪船活動など積極的に行っています。

杉田 龍文のイメージ画像1

これからチャレンジしていきたいこと

新人に対して、安全の重要性や危険物の取り扱いなどが学べる新人教育勉強会をはじめ、通信教育や資格取得のバックアップ、研修など、スキルアップを図れる社内教育制度が揃っていますので、まずは、これらを活用しながら海運課の業務を確実にこなせるようになっていきたいです。予算・実績管理は日々の業務に密接につながっているので、早急に身につけなければならない分野です。

現在は、日本国内の輸送を行う内航船を中心に業務を行っているのですが、今後は外航船などにもチャレンジしていきたいと考えています。海外との輸出入に関わる外航船の業務では、英語でのコミュニケーションが必要ですので、そのために語学の勉強にも力を入れていきたいですね。

杉田 龍文のイメージ画像2

記憶に残る仕事でのエピソード

「わからないことは質問してほしい」と先輩から言われたことが心に残っています。普通に考えたら、当たり前のことなのですが、配属された直後は、知らない人ばかりで緊張しており、質問をしたいけれど何を質問していいかわかりませんでした。そんな風に悩んでいた時に言われたこの一言で、積極的に質問して業務を向き合えるようになりました。

もう1つは、私がミスをしてしまった際に、「1度目は仕方ないかもしれないが、同じミスは絶対にするな」と言われたことです。大きな声で怒鳴られてもおかしくない場面でしたが、的確なアドバイスをいただいてとてもありがたかったです。このミスを機に、確認作業の重要性を改めて気づくことができ、以後の業務に活かしています。

杉田 龍文のイメージ画像3
杉田 龍文

休日の過ごし方

休日などは比較的ゆっくり過ごしていますが、大学時代から続けている柔道の練習に時間をあてることも多いです。目標に向かってトレーニングを続けることで自分のペースをうまく作ることができますね。学生時代は柔道に力を入れすぎて、自分の時間というものがあまりなかったため、趣味といえるものがないかもしれません。柔道以外にも楽しめることを見つけられたらと、日々いろいろなことにチャレンジしています。今後は、旅行にもでかけていきたいですね。

1日のスケジュール

06:30起床
07:50出勤
08:10内航船の荷役協定書作成
09:30電話対応など
12:00昼食
16:00海運課・桟橋グループ全体ミーティング
17:00終業ミーティング
18:30退勤
19:30夕食
20:30入浴
22:00就寝
貝原 龍治

同僚の声(貝原 龍治 / 1982年入社)

海運課では主に船舶代理店業務を担当していますが、専門用語が多く、入社当時は覚えることに苦労していたようです。それでも、教えてもらった業務のポイントを自分なりにわかりやすくメモを作成し、忠実に作業をこなしているところは素晴らしいです。船舶の着離桟時の事故について特に気を使う職場であるため、何度も積極的に着離桟の現場に立会い、安全への理解度を高めようとする姿勢もよいと思います。操船上の問題点や桟橋の構造上の問題点について説明したところ、自分の疑問点が解決するまで質問を続ける研究熱心な面もあります。

ページトップ