陸運・生産物流

崔 文哲Sai Buntetsu

(生産物流)
2014年入社

お客様の事業に直結する責任のある仕事

世界を舞台に活躍することを目指して、日々の仕事に邁進。
1年目から感じる自分の成長とやりがい。

現在のお仕事について

三菱ケミカル鹿島事業所内の危険物充填・出荷作業やローリー・JRコンテナ輸送手配、港湾荷役作業の請負業務に対して、場内での安全作業指示、監督、新規業務の輸送検討、物流設計、荷主への物流効率化の提案などが生産物流課の仕事です。業務の内容が非常に幅広く、多数の荷主、協力会社が存在しているため、荷主と協力会社間の業務の調整、協力会社の管理なども役割の1つであります。

なかでも、課内の売上や収支のデータを集計・分析し、課内全体の収益状況を把握する予算・実績管理は、細かな数字を扱うことが多く、ここでのミスは損益に直接影響を与える可能性があります。責任感と緊張感が伴いますが、課内の仕事の動向や損益状況をいち早く把握することができ、とてもやりがいを感じています。

崔 文哲のイメージ画像1

三菱ケミカル物流を選んだ理由

大学時代に流通学のゼミに参加していたため、世の中のモノの流れに関心がありました。そのため就職活動の際にも物流業界に自然と興味を持ちました。三菱ケミカル物流の化学品物流という特有のノウハウを持っていることと海外事業に非常に力を入れているところは、将来海外勤務に憧れている私にとって、とても魅力的でした。また、人をとても大事にしている会社であると思います。

各種教育制度も充実していて、語学の勉強、資格の習得などの自己啓発についても会社として積極的にサポートしてくれます。業務の面では、1年目から大事な仕事を任せてもらい、本人のやる気と努力次第で十分に成長を感じることができる会社であると思います。

崔 文哲のイメージ画像2

記憶に残る仕事でのエピソード

入社後、現場実習の時、周りの先輩から「仕事をするにあたって、悪い情報ほど早く報告せよ」とアドバイスされたことがあります。確かに、悪い情報は言いづらいと思うかもしれませんが、それを隠さず、早く上司や先輩に報告することによって、みんなに助けを求めることができ被害も最小限に抑えることができると思います。今も、先輩のこのアドバイスが心に残っており、仕事のうえで悪い情報ほど、早めに報告することを常に心がけています。

最近、自分が成長したと感じたのは、仕事が忙しいときでも慌てなくなったことです。忙しくなると慌てて、何から手をつければよいか迷ったことがよくありました。しかし、最近は、複数の業務のなかから優先順位をつけて、着実に一件ずつ処理するようになりました。そのため、日常業務でのミスも少なくなり、仕事の質も上げることができたと思います。

崔 文哲のイメージ画像3
崔 文哲

休日の過ごし方

大学時代はサッカーサークルのチームに所属して毎年、県の社会人サッカーリーグに参加し、多い時には週に3回ほど、練習試合をやっていたこともありました。入社してからは、週に1回、会社の先輩や同僚たちとフットサルを楽しんでいます。みんなで集まってわいわい楽しく汗を流すと、ストレス解消にもなりますね。また、普段仕事をしている姿とは違った一面を発見できるので、良いコミュニケーションの場にもなっています。最近は体力的にかなり厳しくなり、学生の時ほど動けないですが、いつも楽しくやっています。

1日のスケジュール

07:00起床
08:30出勤・始業ミーティング
09:001日のスケジュール・メール確認
10:00打ち合わせ・電話対応・資料作成
12:00昼食
13:00資料作成・新規案件の検討
15:00打ち合わせ・翌日の輸送手配
17:00翌日の作業指示書確認・終業ミーティング
18:00退勤
19:00帰宅
19:30夕食
20:30入浴
21:00読書・資格勉強
23:00就寝
権藤 良太

同僚の声(権藤 良太 / 2009年入社)

入社1年目からデリバリー、実績管理、予算作成とバリバリこなし、すでに生産物流課にかかせない主力メンバーとなってくれています。モチベーションが非常に高く、通常業務が忙しいなかでも、危険物や運行管理などの資格も取得する努力家です。中国から海外現地法人のメンバーが見学へ来た時のこと、私が職場の概況や作業の説明などを日本語で行い、崔さんがその場で中国語に翻訳するというスタイルで現地の方々を迎えたのですが、中国語で説明をする彼の姿が非常に頼もしくみえました。

ページトップ