陸運・生産物流

龍 知佳子Ryu Chikako

(陸 運)
2015年入社

「縁の下の力持ち」という物流の魅力

その製品を待っている人がいる。決して目立つことはないけれど、
物流は私たちの日常生活を支える大事な仕事。

現在のお仕事について

トラックやローリー、鉄道コンテナなどさまざまな輸送形態がありますが、これらをうまく組み合わせることで最適な輸送を実現するのが陸運部門の役割です。私の所属する部署では、主に三菱ケミカルグループの製品をトラックと鉄道コンテナを利用し日本全国のお客様のもとへ輸送しています。

そのなかで私の担当業務は料金管理と実績管理。料金管理とは、具体的には、計上されている料金が実際の料金と合っているかどうかの確認、パートナー会社やお客様への請求書発行、新規輸送の見積料金の算出などです。実績管理では、毎月の課の実績を資料にまとめています。現在、まだ自分ひとりでは、実績の細かい解析・把握まではできていません。今後は、十分な解析ができるようになって課題を見つけ解決し、収支向上につなげていくことが目標です。

龍 知佳子のイメージ画像1

三菱ケミカル物流を選んだ理由

就職活動を始めた当初から、私は物流業界を志望していました。物流を知るきっかけとなったのは、先輩がとある物流会社を勧めてくれたことです。どれだけ素晴らしい製品を作っても、誰かが運ばなければ広まらない。このような「縁の下の力持ち」という物流の魅力に気づき、物流業界を志望しました。決して目立つ業界ではありませんが、私たちの生活を陰で支えている重要な業界だと考えています。

志望先を選ぶにあたって、地元の福岡以外で生活をしたことがなかったので、福岡を出てみたいという思いもあり、全国に活動拠点のある会社を探していました。三菱ケミカル物流の会社説明会では、採用担当者だけではなく、先輩社員が具体的にどんな仕事をしているのかを丁寧に説明してくださったため、仕事の具体的なイメージが湧いてきたのを覚えています。

龍 知佳子のイメージ画像2

記憶に残る仕事でのエピソード

入社後約1カ月は、全ての支社を回る研修があります。各支社の特色を説明していただきながら、その際に先輩社員と直接お話する機会があり、疑問に思ったことは何でも聞ける雰囲気だなと感じました。

四日市支社に配属され、物流についても取扱製品についても、わからないことが多いまま、ある会議に出席しました。そのとき、わからないなりにも「こうしたらいいのではないかな」と気づいたことがあったので、上司にその内容を伝えました。私が考えたことは、やはり現実的には難しい、とのことでしたが、「思ったことは積極的に言っていいよ。新しい考え方も必要だから。」と言っていただきました。新入社員だからと遠慮せずに、積極的に自分の考えを伝えていこうと改めて思いました。

龍 知佳子のイメージ画像3
龍 知佳子

休日の過ごし方

休日は先輩方に誘ってもらい、ドライブに行くことが多いです。今まで、伊勢や名古屋、大阪、兵庫などに連れて行ってもらい、観光名所を巡ったり、名物のおいしいものを食べたりしました。配属された直後は、地元を離れ、知り合いが一人もいない四日市で生活することに不安がありました。しかし、仕事だけではなく、プライベートまで面倒を見てくれる先輩方のおかげで、不安な気持ちはなくなっていきました。また、地元の友人が遊びに来てくれることもあり、とても楽しい休日を過ごしています。

1日のスケジュール

06:00起床
08:00出勤
08:30朝礼・メール確認
10:00資料作成
12:00昼食
13:00打ち合わせ
16:00外出
17:00資料作成・メール確認
18:00退勤
18:30帰宅
19:00夕食
20:00入浴
21:00趣味(テレビ鑑賞・読書)
23:00就寝
後藤 雅利

同僚の声(後藤 雅利 / 2012年入社)

龍さんは話し方がおっとりしているので、一緒に会話をしているといつのまにか龍さんのペースで会話が進み、場が自然と和やかな雰囲気になります。龍さんは私が陸運2課に配属になって初めての後輩スタッフになります。月間実績資料のグラフ作成をお願いしたときのこと。慣れないパソコン作業のため非常に悪戦苦闘している様子をみてアドバイスをしようとすると、「最後まで自分の力でやらせてください」と言われ、頼もしい後輩になりそうだと思う一方で、新入社員のころの自分を思い出しました。

ページトップ