共通管理

伊田 祐子Ita Yuko

(共通管理)
2009年入社

すべての現場で働く人たちが活躍できるために

一人ひとりが最大限の力を発揮できること。そのためには
自分の意見をしっかり伝えることが大切です。

現在のお仕事について

人事部ダイバーシティ推進グループに所属し、当社が多様な人材が協働し合いながら活躍できる会社・活力ある社員が集まる魅力的な会社であり続けるためにはどうすればいいかを日々検討しています。そのなかで私は「女性の活躍推進」をメインテーマに掲げ、さまざまなプロジェクトを進めています。

最近の成果としては、お子さんのいらっしゃる女性社員の意見を取り入れながら、取得できる勤務パターンを増やしより利用しやすい短時間勤務制度に見直したり、妊娠・出産から復職までの不安を出来る限り取り除き、スムーズに復職できるように制度説明会や復職面談に関する取り進め方を定めた復職サポートプログラムを策定したりと、仕事と育児の両立支援を重点とした取り組みを実施しました。

伊田 祐子のイメージ画像1

一緒に働きたいのはこんな人

ポジティブに物事を考えて、どんなことにも挑戦し、自分の意見をしっかり伝えてくれる人です。私が現在担当しているダイバーシティ推進の活動とも繋がりますが、私が考えるダイバーシティとは一人ひとりの違いを理解し、その違いを武器として組織に活かしていくことです。

そのために、さまざまな違いをもった個々の人材が最大限の力を発揮できる環境づくりを進めていくことも大事なのですが、そういった活動は「こういうことがしたい!」と自らの思いを発信してくれる人、発信をして実際に行動に移すことができる人がいてこそ成り立つのだと思います。そのような人たちと一緒に、みんながイキイキと働く活気ある会社を作っていけたらと思います。

伊田 祐子のイメージ画像2

記憶に残る仕事でのエピソード

入社当初に現場実習をしていた時に、その現場で働く方に「あなたは総合職としてこの会社に入社したのだから、将来的にこういった現場作業を行うことが仕事ではなく、そこで働く私たち作業員の管理が主な仕事となっていく。その時に今経験したことを思い出してほしい。私たち作業員がどんな環境で働いていて、どんなことをしているのか覚えていてほしい」と言われたことがとても心に残っています。

50代くらいの男性の作業員の方だったのですが、まだ会社に入ったばかりの新人の私に「私たちの管理があなたの仕事だ」と言われたことがとても衝撃でした。その言葉を受けて、ここで作業している方々がどんな思いで働いているのかを考えながら研修にのぞみました。人事部門で働く今も、いろいろな立場の社員の気持ちを理解していくことが重要だと、この時の言葉を思い出すようにしています。

伊田 祐子のイメージ画像3
伊田 祐子

休日の過ごし方

ライブや舞台を観ることが好きなので、スケジュールが合う限り自分の行きたいものには全国各地どこへでも出かけます。ライブの後はその土地のおいしいものとお酒を飲んで、さらに時間があれば観光もして、存分にリフレッシュしています。そういった予定がない時は、お弁当の常備菜を休日に作っています。健康管理と節約のために、昼食はお弁当を作っていますが、毎朝出社前に全部を作るには時間が厳しくて・・・。日持ちのする、体に優しいおかずの研究をしながら、レパートリーを増やしていくのが楽しみです。

1日のスケジュール

07:00起床
09:00出勤
09:50朝礼
11:00打ち合わせ・電話対応
12:00昼食
13:00打ち合わせ
14:00デスクワーク
19:00退勤
19:30帰宅
19:45夕食
20:00入浴
24:00就寝
大塚 純子

同僚の声(大塚 純子 / 2006年入社)

数年前に業務マニュアル作りを一緒に取り組んだことがありました。資料作成から発表までの限られた時間でしたが、伊田さんにリードしてもらいながら無事に取り進めていくことができました。そのときに、仕事の話だけでなくてお互いが普段考えていることを話しあえた気がします。「自分はもっとこうしたい、こうなりたい」という、伊田さんの上を目指す姿勢が伝わってきて、仕事に対する意識の高さを強く感じました。私の方が年上なのですが、仕事の相談にのってもらえる頼りになる存在です。

ページトップ