CSR

環境に関する取組み

三菱ケミカル物流ではCSR(企業の社会的責任)を全ての事業活動の基本と位置づけ、 レスポンシブル・ケア(RC)を推進するにあたり、中期経営計画"MCLC APTSIS 20" で次の方針・目標を定めて取り組んでいます。
※レスポンシブル・ケア(RC)活動:事業活動の全ての過程で環境と安全に配慮することをめざした活動

MCLC APTSIS 20 RC活動の全社方針

当社はお客様と社会から信頼される企業文化を構築し、荷主、顧客、地域、社会から信頼される「質の高い物流サービス」を提供する会社を創造し、KAITEKI物流が実現できる会社をめざしています。

  • お客様と社会から信頼される企業文化の構築
  • 環境との調和は、企業としての社会的責任である(環境)

RC活動目標(環境)

  • KAITEKI環境への貢献
  • 省エネの提案と実行

活動数値目標(環境) <2016年度~2020年度目標>

CO2の削減 輸送エネルギー原単位 (前年比1%削減)

環境活動事例

  • 車両の燃費向上への取組み : デジタルタコグラフ導入、省エネ車両の導入
  • 船舶の燃費向上への取組み : 
  • 二重反転プロペラ、省エネルギー用フィン、炭素繊維強化プラスチック(三菱ケミカル製)プロペラの導入
  • 二重反転プロペラ

    通常のプロペラでは回転流が発生することで無駄なエネルギーが生じますが、二重反転プロペラでは、後ろのプロペラが回転流を推進力に換え、推進効率を向上させます

  • 省エネルギー用フィン

    省エネルギー用フィンによりプロペラ後方に発生する回転流を減少させ船の推進効率向上させます

  • モーダルシフトの推進 : 鉄道輸送への切り替え
  • 倉庫照明の省エネ化 : LED照明への切り替え

LED照明を導入した鹿島支社倉庫

  • 再生可能エネルギーの積極的採用 : 太陽光発電の導入(倉庫屋根、車両荷台屋根の活用)
  • 首都圏ロジスティクスセンター倉庫屋根

  • 水島支社倉庫屋根

ISO承認取得状況

ISO14001 : 5支社、2油槽所

  • 鹿島支社
  • 黒崎支社
  • 四日市支社
  • 水島支社
  • 坂出支社
  • 尼崎油槽所
  • 川崎油槽所

ページの先頭へ